横河レンタ・リース株式会社

フリーダイヤル:0120-012-956

受付:祝祭日を除く 月~金曜日 9時~17時

フリーダイヤル

マンガで見る ITレンタル業務改善 開発部編 常に最新機種

常に最新機種が使えます
あのころは開発機材調達に苦労してた
リースよりレンタル
開発効率が大幅にアップ

レンタルには、リースや購入にはないメリットが他にもあります!

お気軽にお問い合わせください。

マンガで見る「レンタルで業務改善」

オフバランスで処理できます

常に開発機種が使えます

PCの管理が楽になりました

リプレースが手間要らずです

購入とリースとレンタルの違い

IT機器を導入するとき、一番最初に検討するのは“購入”。
資金調達の面から次に考えるのは、“リース”。
意外と知られていないのが、“レンタル”です。
ここでは、“購入”と“リース”と“レンタル”の違いについて比較してみましょう。

       
項目 レンタル リース 購入
契約(償却)期間 任意で設定可能 使用可能期間(法定耐用
年数など)の70%以上
使用可能期間
(法定耐用年数など)
解約 可能 不可(残リース料支払) -
対象物件 汎用性のあるもの 任意 任意
固定資産税・
動産保険
レンタル会社負担 リース会社負担 ユーザー負担
保守・修理・
除却費用
レンタル会社負担 ユーザー負担 ユーザー負担
陳腐化対応 可能 一部可能 不可
資金面 平準化可能 平準化可能 導入時に全額
会計処理・法人税 オフバランス
(経費処理)
オンバランス
(資産計上)
オンバランス
(資産計上)

レンタルのメリット

  • 最新機種のタイムリーな調達(業務効率の向上)
  • コスト低減(経費処理)
  • 陳腐化への対応(自由な期間設定)
  • 機器維持管理軽減(保守サービス)
  • 廃棄処理が不要(返却するだけ)

お客さまの声

  • プロジェクトがいくつも進行している中、開発期間の変更は当たり前。
    レンタルだと必要なときに即納してもらえて、短縮・延長にも対応できるので、開発用PCの調達にはピッタリです。
  • 1年のプロジェクトでPC50台をレンタルしました。
    これまでは購入かリースをしていましたが、キッティングや保守の事を考えてレンタルにしました。
    思っていたより安く、キッティングの工数などトータルコストを考えたらレンタルを選んで大成功でした。

レンタルには、リースや購入にはないメリットが他にもあります!

お気軽にお問い合わせください。

ページの先頭に戻る