プライベートクラウド基盤「FlexOperations」のトップページへ戻る

横河レンタ・リースのインフラ構築サービス
プライベートクラウドを実現する統合化・仮想化ソリューション

クラウドの利用形態
クラウドコンピューティングの登場により、ITインフラの調達手段は多様化しています。
企業のIT部門は、自社にマッチした調達手段(各種クラウド、非クラウド)を 組み合わせて選択し、利用部門に提供することが命題になりつつあります。
その調達手段の中核をなすプライベートクラウドに焦点をあて、ITインフラの 課題を解決するべく、IaaS型プライベートクラウドに必要な機能をひとまとめ にした製品がFlexOperationsです。
FlexOperationsとは
「FlexOperations」は、OpenStackベースのHP CloudSystemをプラットフォームとして、運用を最適化するソフトウェア群「FlexOperations Software Suite」から構成されます。プライベートクラウドの基盤としてはもちろん、パブリッククラウドやハイブリッドクラウドの基盤としてもご利用いただけます。
flex process
運用をサポートする、FlexOperations Software Suite
導入のメリット
FlexOperationsの4つの導入メリット
統合化・仮想化技術によりアプリケーションに依らないITインフラを提供。
柔軟なクラウド基盤により、さまざまなメリットをもたらします。
img_fo_12.gif
構築事例
長年使い続けてきた全社基幹システムは、その時々のビジネス要求に応じて拡張してきたため、複雑で無駄の多い構造になっており、新しいアプリケーションやパッケージの導入すら難しい状況でした。そこで横河レンタ・リースは、システム運用効率の大幅な向上とコスト削減、同時に収益拡大に貢献するシステムを目指してHP CloudSystem Matrixによるプライベートクラウドを導入しました。

圧倒的な費用対効果を達成

導入におけるメリット
img_fo_11.gif
  • ダイナミックにサーバ構成を変更可能。不要なソースを再利用し、コスト大幅削減。
  • 物理・仮想環境を一元管理することで、運用工数を最小限に抑えながら、常にシステムを健全な状態に保つことが可能。
  • 現状のリソースを最適化し、将来必要なリソースを予測することで、無駄のない適切な予算確保が可能。
  • 横河レンタ・リースの開発した独自手法により、システム変更に合わせてバックアップ環境も自動で追従し変更されていくことで基幹システムに耐え得る信頼性を実現。
img_fo_09.gif
メーカとの強固なリレーションシップで、最適なソリューションと確かな品質をご提供します。
製品およびサービス
お客様に最適なハードウェアとソフトウェアを提供。包括的で統合されたオープンなクラウドサービスで、お客様のIT環境を加速します。
  • HP CloudSystem
  • クラウド基盤に必要なハードウェアと、OpenStackベースのソフトウェアを包括したソリューションパッケージ。
  • HP ConvergedSystem 300
  • 業界標準のラックマウント型サーバをベースに、サーバリソースだけで仮想的にストレージ、ネットワークまで構成。
  • HP ConvergedSystem 700
  • 高密度・省電力のブレイドと、最適機能を備えたストレージで構成。真のクラウド基盤としての柔軟性と拡張性を装備。
  • HP CloudSystems Foundation/Enterprise
  • HP Cloudソフトウエア
  • HP Cloud製品群とOpenStackテクノロジーを共有。オープンなクラウドアーキテクチャーを使用。
  • HP CloudSystems Foundation
  • 基本的なサーバストレージ、ネットワークの機能を提供。IaaSの短期間実現や移行の起点として使用可能。
  • HP CloudSystems Enterprise
  • 高度なインフラおよびアプリケーションサービスを数分で実現するハイブリッドクラウドプラットフォーム。
  • FlexOperations、FlexRecoveryは、横河レンタ・リース株式会社の登録商標です
  • 掲載されている会社名、製品、役務の名称は各社の商標または登録商標です。