DotCOE 開発コンセプト

COE(Common Operating Environment 共通操作環境)
標準化されたPCコンピューティング環境を実現し、運用管理を効果的に行い、
企業の収益力向上に貢献する。

安全に標準化されたPCで構成されたシステム

COE CONCEPTとは

「安全な仕様の標準PC」で共通化することによって

  • 起きる問題の種類を可能な限り少なく
  • 予測が容易なものとする
⇒管理対象を極力安全で均一な環境に維持

「運用管理コスト削減」だけではなく、「生産性向上」、「セキュリティー強化」の効果も得る事を目標とする。
これらの共通操作環境(COE CONCEPT)の円滑な維持・運営を実現できるのが『DotCOE』です。

クライアントPCにかかる一年間の総コストは??

運用管理する為の「見えないコスト」が約75%

  • セキュリティーパッチやウイルス定義ファイルの適用にかかる時間・費用
  • OS、アプリケーションのバージョンアップにかかる時間・費用
  • ヘルプデスクにかかる時間・費用
  • 異動時等、PCの移設・展開にかかる時間・費用、等・・・

      さらに全体的に見ると
  • ユーザーのオペレーション時間・費用
  • ダウンタイム費用
      も加算されます。

標準化されていないPC環境が招く弊害

クライアントPCのライフサイクルの中で、圧倒的に長いのが「運用・保守」フェーズです。
そして、この「運用・保守」フェーズの管理工数は、単に「PC台数の増加」に比例して増えるだけのものではなく、「機種や操作環境の種類の増加」に大きく影響され増えるものです。
クライアントPCの環境の違いは、運用管理の各工程において非効率を招くだけではなく、セキュリティー面からも最も脆弱な関門を造り出す危険性を持っています。

標準化されていないPC環境が招く影響

「運用管理コスト」削減の効果的手段

『全社または部門毎のクライアントPCを「安全な仕様の標準PC」で共通化!!』

  • 共通のOS & セキュリティーパッチ
  • 共通のブラウザ & セキュリティーパッチ
  • 共通のアプリケーション & バージョン
  • 共通のアンチウイルスソフト & ウイルス定義ファイル
  • 共通の操作権限
  • 共通のハード構成
  • DotCOEは米国ヒューレット・パッカード社の登録商標です。
  • DotCOEの開発・販売元:横河レンタ・リース株式会社です。
  • その他記載されている会社名および製品名は各社の商標もしくは登録商標です。
  • 製品の仕様は予告なく変更になることがあります。