セキュリティー対策

ユーザーのPC操作履歴(ログ)を、予め設定した条件とタイミングで自動的にサーバーに収集でき、ユーザーのPC不正操作を抑止すると共に、システムトラブル発生時の原因究明にも活用可能。 機密情報・個人情報データの漏洩防止や、業務関連外のPC操作による生産性の低下を防止。

セキュリティー対策 操作ログ収集機能

操作ログ収集 クライアント操作情報
操作プロセス、プリンタ出力監視 デバイス書き込み、Webアクセス監視

用途

(起動プログラム)監視

いつ、誰が、どのようなソフトウエアを利用したかを記録

プリンター監視

いつ、誰が、何のデータを出力したかを記録

デバイス(ファイル操作)監視

いつ、誰が、エクスプローラ上でコピー・移動・削除・ファイル名変更や、FDD・USBメモリ等のデバイスへの操作をしたかを記録

webアクセス監視

いつ、誰が、どのようなWebページを閲覧したかを記録

特長

業務効率の低下を招きかねない「禁止制御」ではなく、ログ管理による「抑止力」効果によるユーザーのPC利用のモラル向上と、生産性低下を防止。

操作履歴の取得条件を予め設定する事で、不要なデータの収集によるネットワーク負荷を軽減。

見たい操作履歴のみ表示をするフィルタが作成可能。

オフラインPCは次回オンライン時に自動収集

便利な機能

禁止されている操作をユーザーが行うと、警告メールが管理者に送信

不正操作の実施 メールによる通知

SafeWatch機能強化(ログ収集機能強化)

ファイル監視機能で、「コピー」が収集可能

以前のファイル操作ログでは「コピー」が、「読み込み」と「作成」の2つのイベントとして認識されていました。これら2つのイベントを「コピー」としてログに記録します。

ビューアの検索速度のチューニング

以前のビューアに対して、検索速度を約2倍に改善しました。これにより、操作ログの分析工数の圧縮に貢献します。

ファイル監視でネットワーク共有フォルダの操作ログが取得可能

CPUやネットワークに大きな負荷をかけずに、ネットワーク上でのファイル監視と負荷の軽減を実現します。

プリンターサーバー用エージェント(プリンター監視)

プリンターサーバー用エージェントを提供することで、サーバー経由の印刷が監視可能です。
また、そのプリンターサーバーを使用する全ての印刷イベントの監視が可能です。

USBストレージ管理支援機能

USBストレージ管理支援機能

USB CTRLを導入するとUSBストレージの資産管理が可能

USBストレージ資産管理機能

USBストレージを、資産管理することが可能です。ユーザーのPCに接続されたUSBストレージの構成情報(容量・モデル名・シリアル番号)と資産情報(資産管理番号や利用者)を登録し、資産情報として管理できます。
また、登録作業を分散管理可能にするために、現場の管理者向けに申請するツールも用意してあります。
これら管理機能を使い、組織の管理体制にあったUSBの運用管理を実現します。

USBストレージ管理支援機能

>RiC…当社レンタル品をご利用のお客様向け契約管理支援サービス

  • DotCOEは米国ヒューレット・パッカード社の登録商標です。
  • DotCOEの開発・販売元:横河レンタ・リース株式会社です。
  • その他記載されている会社名および製品名は各社の商標もしくは登録商標です。
  • 製品の仕様は予告なく変更になることがあります。