ソフトウェア配布

対象PC・グループに対して、ネットワーク経由で各種ソフトウェアを確実に配布・自動インストール/アンインストールする事で、 効率的なクライアント管理、共通操作環境の構築を可能に!

  • “確実な配布”により、新規アプリのインストール、バージョン統一、セキュリティー対策、操作制御等、様々なクライアント管理を効率的に実現可能。
  • クライアントに管理者権限を渡さずに、管理者側でPC操作環境の集中管理が可能
  • 任意のグループごとにPC環境を統一でき、共通操作環境が構築可能

用途

アプリケーション、セキュリティーパッチ、ドライバ、ファイル、OS環境設定ファイル、自作アプリケーションのインストール/アンインストール

セキュリティーパッチやウイルス対策ソフトのパッチを強制更新させることで、よりセキュアな環境を実現

OS環境設定ファイルの配布による「P2Pソフトの起動禁止」・「USBストレージの書込禁止」等のPC操作環境の制御

PC新規導入・入換(再設定)工数の削減

こんな用途に最適

  • 店舗や遠隔拠点数が多い
  • 各部門や拠点ごとのPC管理担当者が居ない
  • 配布するデータ量が大きい
  • バージョンアップまでに期限が決められてい る
  • 同種類のソフト配布が複数回ある
  • 自作ソフトのインストーラーとして活用
arws配布機能の活用 (OSの環境設定変更で可能なセキュリティー強化)

特長

ソフトウェアの特性や、ユーザー側のロケーションに合わせた多彩な配布方法

  • 【プル型配布】 :OA用ソフト等クライアントPC側でインストール/アンインストールするソフトを指定できる方法
  • 【プッシュ方配布】 :セキュリティーパッチ、HotFix等システム管理者側が強制的にソフトを配布しインストール/アンインストールさせる方法
  • 【分割配布(事前ローディング)】 :大容量アプリ、大規模配布時等大容量の配布データを分割し、インストール予定日に向けバックグラウンドで事前に計画配布※送信途中で中断されても、再開後は送信できなかった分のみが送信 arws【分割配布(事前ローディング)についてはこちら】
  • 【配布適用順序の指定】:業務アプリ、CADシステム等 複数のソフトを関連付けて、決められた順番でインストール
  • 【CD・USBメモリ配布】:ネットワーク環境が良くないロケーション、スタンドアロンPC等ローカルのCD・USBメモリから配布パッケージでインストールが可能

クライアント側で起動中のソフトウェアの配布も可能

配布対象PCは、予め指定した条件式に応じて動的にグループ化(常に最新状態での配布グループ化が可能)

配布の進捗状況をクライアント別に一覧で確認可能

インストール時に必要なCDキー等の個別番号を予め埋め込んでおき、自動的にインストールを完了する「サイレントインストール」も可能で、ユーザー用手順書作成やIT要員の現地派遣工数を削減

ユーザーの通常業務やネットワークに負荷を掛けず、大規模・多拠点環境でも確実な配布を効率的に実現

ソフトウェア配布のフロー図 (配布の流れ)

ソフトウェア配布のフロー図 ソフトウェア配布のフロー図
  • DotCOEは米国ヒューレット・パッカード社の登録商標です。
  • DotCOEの開発・販売元:横河レンタ・リース株式会社です。
  • その他記載されている会社名および製品名は各社の商標もしくは登録商標です。
  • 製品の仕様は予告なく変更になることがあります。