配布機能の活用

配布機能の活用 ~OSの環境設定変更で可能なセキュリティー強化

Windows標準でサポートしている各種禁止設定を、DotCOEの配布機能を使って配布します。 セキュリティーポリシーに合わせてクライアントPCの操作環境設定情報を均一化する事が可能になります。

  • USBストレージの使用禁止
  • CD-R/RWの書き込み機能を無効に
  • 特定のアプリケーションの実行を禁止
  • 「システムのプロパティ」の変更を禁止
  • 特定のドライブを非表示
  • ネットワークからストレージデバイスを使えなくする
  • レジストリエディタを起動禁止
  • 自分のパソコンをマイネットワークに表示させない
  • 「画面のプロパティ」のダイアログ表示を禁止
  • Active Desktopを変更禁止
  • 「アプリケーションの追加と削除」の使用を禁止
  • プリンタの追加と削除を禁止
  • 「フォルダオプション」の変更を禁止
  • ログオン時にメッセージを表示
  • 「最近使ったファイル」を非表示
  • ユーザーが使用できるディスク容量を制限
  • Internet Explorerのパスワードの保存機能をオフ
  • パスワード管理の強化
  • ウェブフィルタリング
  • インターネット印刷機能を無効に
  • Num Lock を有効にした状態でWindowsを起動

等々
※Windows 2000以降のクライアントOSが対象で、一部XP Professionalのみ該当する機能もあります。

  • DotCOEは米国ヒューレット・パッカード社の登録商標です。
  • DotCOEの開発・販売元:横河レンタ・リース株式会社です。
  • その他記載されている会社名および製品名は各社の商標もしくは登録商標です。
  • 製品の仕様は予告なく変更になることがあります。