「起動の禁止」/Winny対策

情報流出を未然に防ぐDotCOEの活用例

01 kidou kinshi Winny 03

ファイル交換(P2P)ソフトの使用に関する社内規定や従業員への誓約書だけでは…
「担当者」の“社内リスク”は回避できても、「企業」の“社会リスク”は回避できません!

DotCOEの「配布機能」活用でしっかりガード

Winnyを媒介にして感染する“暴露ウイルス”「Antinny」をはじめ、ファイル交換(P2P)ソフトを悪用したウイルスによる情報流出は、『DotCOE』の「配布機能」の活用で防げます。

起動の禁止

01 kidou kinshi Winny 07

クライアントPC管理ツール『DotCOE』を活用し、 Winnyの起動を不可能にするポリシーを全社PCに“強制配布機能”で一括配布。Winny自体の起動を禁止にします。

01 kidou kinshi Winny 09 01 kidou kinshi Winny 13
  • Winnyをはじめ、Share、BitTorrent、WinMX、eDonkey等、他のファイル交換(P2P)ソフトの起動禁止も対応可能。
  • 配布したポリシーはオフラインでも有効なので、社外や自宅等でもファイル交換ソフトの起動はできません。
  • USBメモリやFD等の外部ストレージからでも、そのPCではファイル交換ソフトは起動できません。

※操作ログ収集機能(Safe Watch)で、不正な挙動を確認可能。
※Winny起動禁止ポリシーの配布の徹底状況は、構成情報収集機能(インベン
トリ)にて確認可能。

01 kidou kinshi Winny 16

さらに、『DotCOE』の強力な「配布機能」を活用すると・・・http://www.yrl.com/it/itsale/soft/coe/case.html#4

  • USBストレージメモリの使用禁止や、書込禁止
  • フロッピードライブの使用禁止等も強制的に制御でき、企業情報の外部持ち出しを抑制できます。
01 kidou kinshi Winny 25

『DotCOE』は横河レンタ・リースの自社開発ツールです。
クライアントPC管理者様が、「実際に使える」環境の構築を一貫サポート致します。

  • DotCOEは米国ヒューレット・パッカード社の登録商標です。
  • DotCOEの開発・販売元:横河レンタ・リース株式会社です。
  • その他記載されている会社名および製品名は各社の商標もしくは登録商標です。
  • 製品の仕様は予告なく変更になることがあります。