セキュリティー

Trend Micro Deep Security

ウィルス対策からWebアプリケーション保護まで・・・VMware 仮想環境をエージェントレスにて一括保護。先進の仮想パッチ機能も備えた、次世代 “仮想化統合サーバ保護”ソリューション

製品概要

Deep Securityは、物理・仮想環境からクラウドにまたがる、あらゆるサーバ環境に対応。 「こうあるべき」セキュリティー対策を実現する、統合型セキュリティー・ソリューションです。

Deep Security 仮想アプライアンス動作

Deep Security 仮想アプライアンス動作

導入メリット

仮想化統合サーバ全体を保護

エージェント不要の仮想アプライアンス動作により、統合された仮想サーバ全体のセキュリティー保護を常に同一レベルで保ちます。

仮想サーバ間攻撃にも対応

休眠状態や新たに移動された仮想サーバを起動した場合でもセキュリティーが確保されるため、仮想化統合環境で懸念される“仮想サーバ間攻撃”への対策も万全です。

新たな脅威への対応も自動化*

新たな脆弱性が発見された場合にも、Deep Securityならば先進の仮想パッチ機能によりサーバを保護し、正規パッチがリリースされる前でもセキュリティーホールを放置しません。 さらに、緊急パッチ適用によるサービス停止を回避し、正規パッチの検証時間を確保するなど、計画的なパッチ適用が実現できます。

*Deep Security エージェントが必要です。

計画的なパッチ適用

機能と特長

脆弱性対策

OSだけでなく、クロスサイドスクリプティングやSQLインジェクションなどWebアプリケーションも保護します。

ウィルス対策

VMware vShield™ Endpoint と連携したエージェントレスのウィルス対策で、仮想サーバへのインストールは不要です。エージェント型と比較して1/3のリソース消費で動作し、仮想化統合環境のサーバリソースを有効活用できます。

パフォーマンス比較表

ファイルやレジストリの変更監視

OSやアプリケーションのファイル、レジストリを監視し、不正な変更が発生した場合の警告や、通知・レポート生成が可能です。

ファイアウォール

ステートフルインスペクション機能を装備しています。ネットワークごとのポリシー設定も可能です。

システム要件

Deep Securityのシステム要件はこちらをご参照ください。

導入事例

千葉ろうさい病院様

ストレージシステムのコストを抑えながら、最大の容量効率とパフォーマンスを引き出すことができる実用性の高い機能を実現

新日本無線様

データウェアハウスのデータ 量増加に伴うディスク容量不 足、及びバックアップ業務負荷を改善

phone 横河レンタ・リース(株)

システム事業本部

  • 東  京 : 03-5908-1717
  • 名古屋 : 052-222-7552
  • 大 阪 : 06-6350-3250