横河レンタ・リース株式会社

フリーダイヤル:0120-012-956

受付:祝祭日を除く 月~金曜日 9時~17時

フリーダイヤル

リモートネットワークソリューション

HPE Aruba なら便利で安心なテレワークインフラを実現!
テレワークが広まりをみせるなか、安定したテレワークを実現するためのネットワークインフラも必要ではないでしょうか?
より柔軟、かつ安心したVPN環境の普及が今、注目を集めています。

テレワーク、こんなことでお困りではないでしょうか?

  • テレワークを
    全社的に利用したい
    そのためには
    VPN環境の増設が必要
    増設はもちろん、既存のVPN環境からの入れ替えも手軽にできます。
  • テレワークにおける
    社外からのVPN接続は
    セキュリティー面が
    心配
    VPNでの通信に加えAP自体にファイアウォール機能を完備。
  • ユーザーがより簡単、
    かつ安心して利用できる
    VPN環境で
    情報システム部への負荷も
    軽減したい
    Arubaは世界で認められた製品。さらに、保守サービスもご用意。

HPE Aruba リモートネットワークソリューションが
より便利、かつ高いセキュリティーを兼ね備えた、
テレワークインフラに活用できるVPN環境を実現します。

便利で高いセキュリティーを持ち、さまざまな場面で利用可能な HPE Aruba リモートネットワークソリューションなら、Wi-Fi環境はもちろん、有線端末でもオフィスと同じネットワークをリモートから利用できます。

ファイアウォール機能を内蔵した HPE Aruba アクセスポイントでリモート環境のネットワークセグメントも細かな設定が可能に。
さらに屋内、屋外用すべての HPE Aruba のアクセスポイントをリモート用に利用ができるので、既存で HPE Aruba のアクセスポイントをご利用されている場合は、それを有効活用することも可能です。

リモートから接続する端末は、Windows OS 搭載のPCはもちろん、iOS や Android、そして Mac OS もサポートしています。

本ソリューションなら、とにかく迅速かつセキュアに社内システムにアクセスできるネットワーク環境を実現します。

HPE Aruba リモートネットワークソリューションサービスとは

お客さまの要望に応えて、テレワーク環境を簡単に安心してご提供するサービスです。
HPE Aruba 製品を活用して、自宅やリモート端末から会社へセキュアに接続します。

サービス内容

  • Aruba製品提供
     ・Aruba モビリティ・コントローラー(VPNゲートウェイ)
     ・Aruba VIA(VPNソフトウエア)
     ・Aruba RAP(VPN装置)
  • Aruba製品保守
     ・5年間の製品保守
  • 環境構築
     ・Aruba モビリティ・コントローラーの構築

リモートネットワークソリューションの構成要素

会社側に VPNゲートウエイ 導入

Aruba モビリティ・コントローラー

モビリティ・コントローラーは、無線/有線/ハイブリッド/SDWANのサービスを統合し、セキュアなVPNを拡張してリモートAP(RAP)・ インスタントAP(IAP)・VPNソフトウエア(VIA)を利用できるようにします。

【写真】
Aruba 7010
10/100/1000BASE-T:16ポート、ギガビットEthernetポート:2SFP

ユーザー端末に VPNソフトウエア 導入

Aruba Virtual Intranet Access(VIA)

VIAクライアントは、インターネットを介してモビリティ・コントローラー間でIPsecを用いて安全なVPNトンネルを確立します。

特長

  • WLANで使っている認証情報を認証に利用可能
  • ユーザーロールに基づくアクセスポリシーを動的に適用
  • Arubaコントローラーおよびゲートウェイとの直接統合により、VPNサービスを合理化

リモート拠点に VPN装置 導入

Aruba Remote Access Point(RAP)

RAP(自宅やリモートオフィス等に設置)、インターネットを介してモビリティ・コントローラー間でVPNトンネル(L2トンネル)を確立します。

特長

  • 自宅やリモートオフィスで会社インフラが拡張されたイメージで利用可能
  • 会社と同等の認証を行いSSIDやアクセス制御が可能

リモートネットワークソリューションの構成例

※小~中規模拠点向けの構成例です。

【構成例1】
リモートネットワーク接続
 

製品構成

  • Aruba モビリティ・コントローラー
  • Aruba VIAライセンス

導入手順

  1. お客さまヒアリング
  2. モビリティ・コントローラー環境構築(当社で実施)
  3. モビリティ・コントローラー設置(お客さまで実施)
  4. リモート端末にVIAクライアントをインストール(お客さまで実施)

【構成例2】
リモート拠点接続
 

製品構成

  • Aruba モビリティ・コントローラー
  • Aruba RAP
  • Aruba アクセスポイントライセンス

導入手順

  1. お客さまヒアリング
  2. モビリティ・コントローラー&RAP環境構築(当社で実施)
  3. モビリティ・コントローラー設置(お客さまで実施)
  4. RAP設置(お客さまで実施)
  5. リモート拠点で端末の接続(お客さまで実施)

【構成例3】
リモートネットワーク接続+リモート拠点接続

製品構成

  • Aruba モビリティ・コントローラー
  • Aruba VIAライセンス
  • Aruba RAP
  • Aruba アクセスポイントライセンス

導入手順

  1. お客さまヒアリング
  2. モビリティ・コントローラー&RAP環境構築(当社で実施)
  3. モビリティ・コントローラー設置(お客さまで実施)
  4. リモート端末にVIAクライアントをインストール(お客さまで実施)
  5. RAP設置(お客さまで実施)
  6. リモート拠点で端末の接続(お客さまで実施)

参考価格 【構成例1】リモートネットワークソリューション

Aruba VIAクライアント:200ユーザー/5年間費用

製品名 型番 希望小売価格 数量 参考価格
Aruba 7010 コントローラー JW681A ¥640,000 1 ¥286,200
電源コード JW681A ¥1,000 1 ¥500
VIA FW ライセンス JW496AAE ¥128,000 1 ¥57,300
Aruba 7010 コントローラー(保守 5年) H3AT3E ¥392,700 1 ¥369,600
VIA(保守 5年) H2VT0E ¥77,100 1 ¥72,600
コントローラ環境構築費用(200ユーザー登録) SE01-A00 ¥470,000 1 ¥470,000
合計 ¥2,143,700 - ¥1,665,600
  • 上記の導入例には、オプションのRAP費用は含まれておりません。
    RAPを追加する際は、物品費用としてRAP1台あたり¥92,000(5年保守含む)が追加となります。
    なお、VIA数/RAP数の合計が200を超える場合は、コントローラ環境構築費として、100ユーザー(VIA+RAP)単位で¥50,000となります。
  • ネットワーク回線費、またクライアント端末費用は含んでおりません。お客さまにてご用意をお願いします。

関連サービス

お問い合わせ

その他、HPE Network製品のラインナップはこちら

ページの先頭に戻る