横河レンタ・リースがお悩み解決!

<レンタルソリューション>

測定データを担保する測定器の校正依頼先の選択基準はありますか?

日本産業の原点であり得意分野であるエレクトロニクス産業。ここ10数年はコモディティ化とモジュール化が進み、強みである高品質・高機能だけでは通用しなくなってきています。 しかしだからと言って安ければ品質は二の次で良い訳ではありません。そこで皆さまは設計・開発・製造した商品の測定データを取得する際の測定器の品質担保についても同様のお悩みがあるのではないでしょうか。



課題:測定器の校正先を選ぶ基準がない

日本のものづくりに不可欠な測定に使用する測定器の校正はさまざまな方法がある中、適性品質かつ経済性も求められています。
QCDのカットで現状をあらわしてみました。



Q(品質)

・品質規格に合わせるのが大変
・顧客品質要求に追従がマスト
・製品品質向上


C(コスト)

・付帯業務(校正業務)管理費用が高い
・不確かさ要求での校正費用が高い
・校正コストが製品単価に見合わない


D(納期)

・外部校正は最低1週間納期が必要
・メーカー校正納期が長い
・輸送面でのやりづらさ



解決方法

解決方法をご紹介します。