ローデ・シュワルツ CMW270のご紹介

2016年12月にBluetooth5が正式にBluetoothの最新版として採択されました。
これに伴い、Bluetooth5に対応した製品の開発生産が拡大していくことが見込まれます。
このCMW270はそんなBluetooth5の研究開発、生産を支える上で最適な計測器です。


CMW270

    特徴

  • R&Dから生産まで柔軟に対応
  • CMWrunシーケンサ・ソフトウエア・ツールにより各種RF試験と効率的に実施可能
  • Basic Rate, Enhanced Data Rate, Low Energy もカバー
  • 拡張性に優れたプラットフォーム
  • 視認性の良い大画面によるスペクトラム解析が可能

CMWrun シーケンス・ソフトウエア・ツール使用例

Bluetooth5用にリリースされたソフトウエア・オプション(CMW-KM721,-KS721)を新たに品揃えいたしました。これによりCMWシリーズにてBluetooth認証に必要なRF試験を実施することができます。
また、CMWrunソフトウエアをあわせて利用することにより新しいテストケースを効率的に実施することが可能になりました。


CMW270 基本測定接続図
商品コード 型名 レンタル料金
(期間)
主な仕様
[2583271] CMW270 (Signaling) ¥861,000(1カ月) PS275:メインフレーム 70M-3.3GHz
S052H:HDD(H052H)
S100A:BB測定ユニット 1GBメモリ(H100A)
S550N:BBインターコネクション・ボード(H550N)
S570B:RFコンバータ(TRX)(H570B)
S590A:RFフロントエンド・モジュール(H590A)
S600D:フロントパネル・ディスプレイ&キー付き(H600D)
B200A:ユニバーサル・シグナリング・ユニット(H200A)
B612A:GPIB(H612A)
KM721:Bluetooth LowEnergy Release5, TX
KS721:Bluetooth LowEnergy Release5, direct test
KT057:CMWrunシーケンサ試験ツール(WiMAX,WLAN,BT)
PK61 :BTコールボックス・バンドル

※PK61=CMW-KM610/KM611/KS600/KS610/KS611

レンタル期間により価格は変動しますので、詳細は当社営業までご連絡ください。

【備考】
  • 運送費は別途となります。
  • 記載の会社名・商品名は各社の商標または商標登録です。
  • 記載事項は変更になる場合があります。