検索は
横河 データレスPC

VDI、DaaSで迷う、DLPも課題…そんなあなた!VDI並みのセキュリティー対策コスト1/10・納期1/4のデータレスPC™をご存じですか?

テレワークやリモートワーク中心の今、さまざまな労働環境が求められている中で検討するのが、Daas、VDI、シンクライアント端末などのキーワードです。しかし、導入コストが大きな壁になるという現状があると思います。そこで、圧倒的な低コストでVDI同等のセキュリティー環境を提供するデータレスPCソリューション(Passage,Passage Drive)をご紹介します。

※DaaS:Desktop as a Serviceの略称となります。VDI:Virtual Desktop Infrastructureの略称となります。 Microsoft 365 Windows 11
  • 株式会社フジテレビジョン
    導入企業.01
    株式会社フジテレビジョン

    コストが高く、使い勝手の悪かったVDIをデータレスPCにリプレース。
    運用コストの削減とユーザー拡大に成功!

  • 小岩井乳業株式会社
    導入企業.02
    小岩井乳業株式会社

    働き方改革を促進するためにユーザーの利便性とセキュリティーを保ちつつ場所を問わずにPCが使える環境をデータレスPCで実現。

  • 早稲田アカデミー
    導入企業.03
    早稲田アカデミー

    ノートPC導入のデータ保全対策として、データレスPCを導入。セキュリティーを確保しつつワークスタイル変革を実現。

VDI・DaaSvsデータレスPC

VDI・DaasとデータレスPCの違い

VDI・DaaSについてVirtual Desktop Infrastructure & Desktop as a Service

昨今のテレワークを導入する企業が増えていますが、同時にPCを持ち出すことへのセキュリティー対策を検討している企業も増えております。
PCを社外に持ち出すためのセキュリティー強化というと、VDI(Virtual Desktop Infrastructure)を思い浮かべる企業も多いと思いますが、仮想デスクトップをサービスとして提供するDaaS(Desktop as a Service)の検討も増えてきております。

VDIとDaaSは、仮想的なデスクトップ環境をネットワーク経由でユーザー端末に画面転送するといった点は同じです。双方の主な違いは、自社主導で構築されたシステムであるか、クラウドサービスとして提供されているかといった点となります。その提供方法によって、下記のようなメリット、デメリットが生じます。

VDIは自社でカスタマイズでき、自社運用に則した形で導入できますが大きな初期投資が必要であることや、エンジニアによる仮想化基盤の運用が必要といったマイナス面もあります。

DaaSは初期費用を抑え少数から始められるメリットはありますが、自社運用に沿ったカスタマイズが難しいといった点や、従量課金制のサービスが多くトータルコストが見えづらいといったマイナス面もあります。

データレスPCについてDataless-PC

データレスPCはVDI、Desktop as a Serviceに代表される仮想デスクトップ方式とは異なる仕組みですが、同等のセキュリティーを提供します。データをローカルHDDへの保存することを禁止されますが、ユーザーの使い勝手は通常のPCと変わりません。

アプリケーションはPC内で動作するため、通常のPCと同じ性能、操作性が提供されます。仮想デスクトップ方式が苦手とする操作性、Web会議、動画再生といったことに悩まされることはありません。

ユーザーが保存するデータは自動的にクラウドストレージやファイルサーバーに保存され、ユーザーの操作性が変わることもありません。
また、仮想デスクトップ環境では運用において高度な知識(仮想化、サーバー、ストレージ、ネットワーク)が必要とされますが、データレスPCでは高度なIT運用知識は不要です。ファイルサーバーかクラウドストレージを運用されている企業であれば、今ご利用のPCにソフトウエアをインストールすればすぐに利用することが可能となります。
データレスPCはクラウド(OneDrive)版Passage drive、オンプレ版passageの2種類をご用意。

POINT 01

コストと導入納期比較

データレスPCとDaaS、VDIの導入コストについて比較してみます
VDI、DaaSと比較して、データレスPCの導入コストは圧倒的に小さいと言えます

コスト

コスト比較
※当社調べ
コスト内訳

導入納期

導入納期の比較
※当社調べ
導入作業量比較
POINT 02

機能比較一覧表

VDI・DaaSとデータレスPCの機能や導入コストなど、全体の比較一覧になります。

機能 データレスPC VDI DaaS 備考
データデータをローカルに保存しない ◎ ◎ ◎ データレスPCはユーザーによるローカルへのデータ保存を禁止する。
データ消失防止端末紛失・故障時のデータ
消失を防ぐ
◎ ◎ ◎ VDI/DaaSと同等。
オフライン利用ネットワーク接続がない状況
での利用
○ X X データレスPCはユーザーによるローカルへのデータ保存を禁止する。
操作性Web会議、動画再生時の操作性 ◎ △ △ 画面転送の仕組み上、VDIはWeb会議、動画再生が苦手
導入の容易さ導入に必要な管理者の工数、
スキル習得の容易さ
◎ △ ○ VDIはサーバー仮想化やVDI特有の技術の習得が必要となる。VDIと比べるとDaaSは利用開始のハードルが低い。データレスPCは既存PCを利用可能で導入が容易となる。
導入コスト導入に必要なハードウエアや
ソフトウエアのコスト等
◎ X X VDIはハートウェア/ソフトウェアのイニシャルコストが、DaaSはサービス利用のランニングコストが高価となる。データレスPCは両者と比較とすると、非常に安価となる。

情報漏えい対策(DLP)の必要性DLP(data loss prevention)の一般的な概念と必要性とPassage/Passage Driveでのオプションについて

昨今テレワークが増えてきておりますが、社外に持ち出したPCのデータを外に出さないことは非常に重要です。実は情報漏えい事故のおおよそ半分は、ユーザーによる不注意やミスとも言われています。
例えば、つい見やすいからと自宅のプリンターで業務データを印刷してしまう。
自分のパソコンで作業したいからと、USBメモリや自宅ファイルサーバーにデータをコピーしてしまう(実は自宅でファイルサーバーを構築するのはすごく簡単にできてしまう)。
上記のように、情報漏えいの危険が伴うことがありますが、会社に出社した際には上記ができないと困ってしまう場合が多いのも事実です。

PassageDriveではこういった課題を解決するための、情報漏えい対策(Data Loss Prevention)のオプション機能Passage DriveエンドポイントDLPを準備しています。
Passage Drive エンドポイントDLPでは、社内と自宅(VPN接続/未接続)の3つの場面を自動で検出し、管理者が指定したセキュリティーポリシーを自動で適用することができます。

データは安全なクラウドストレージのみに集約し、そのデータを社外では外に出さないといった環境を簡単に構築することが可能となります。

データレスPCの価格・動作環境

製品名 単位 月額 動作環境
Passage ライセンス(ファイルサーバー版) 月/ユーザー ¥780 別途 データリダイレクト用のファイルサーバーが必要です。(既存システムをご利用いただくことも可能です。)Active Directory(AD)環境が必須となります。
Passage Drive ライセンス(クラウド版) 月/ユーザー ¥500 別途 Microsoft 365 OneDrive for Business の契約が必要です。(当社以外の契約でも可能です)
オプションメニュー
製品名 単位 月額 動作環境
エンドポイントDLP
ライセンス
月/ユーザー ¥300 自宅プリンターでの印刷や外部メディアへのデータ書き出しを制限します。
※Passage Driveに追加するオプション製品です。
こんな方にもおすすめです!
  • シンクライアント端末が必要
  • リモートデスクトップも迷う
  • テレワークのセキュリティー対策
  • PCの2台持ち
  • WEB会議がカクカク
  • リモートでのPC動作が遅い
  • データ紛失防止
  • PCのバックアップ不要

データレスPCのよくあるご質問

パートナー

お客さまに最適な環境でFlex Work Place製品をお使いいただくために、
多くのパートナー企業からFlex Work Place製品をご購入いただくことができます。

  • アイテック半休阪神株式会社
  • infosense
  • WELL POINT
  • 株式会社エス・ワイ・シー
  • NECネクサソリューションズ
  • NECネッツエスアイ
  • NTTデータ ルウィーブ株式会社
  • 遠鉄システムサービス株式会社
  • KEYWARE
  • KDDI
  • santec
  • 株式会社CSIソリューションズ
  • CTCSP株式会社
  • SOLNET.
  • TOKAIコミュニケーションズ
  • 日本電通株式会社
  • Hewlett Packard Enterprise
  • JBS
  • 株式会社 日立システムズ
  • FUJIFILM
  • FUJISOFT
  • MSYS 丸紅情報システムズ

データレスPCに関することお気軽にご相談ください

資料ダウンロード

社内での検討などをされる方のために資料をPDFでご用意しております。ダウンロードページへ移動していただきご自由にダウンロードしてください。

お問い合わせ

料金、お見積もり、サービス詳細など詳しいご相談をされたい場合は、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。

VDIを検討した企業がデータレスPCを採用した理由、その効果とは?
「VDIは〇〇だった。」データレスPCを導入されたお客さま事例
資料ダウンロード お問い合わせ