導入事例
ネットイヤーグループ株式会社様

適切な導入・運用コストでデータセキュリティーの向上を実現
レンタルPCとの相性もよくシステム管理業務の効率化に期待

Webを始めとする様々なデジタルマーケティングを手がけるネットイヤーグループ株式会社。 日本を代表する大手企業との取引も多く、発売前の商品情報といった顧客企業の秘密情報も常に取り扱うため、営業担当者の持つモバイルPCのデータ保全が課題となっていました。そこでFlex Work Placeを導入し、データレスPC™環境を実現。比較的安価なコストで、データ保全が可能となりました。また、PCを切り替える時のデータ移行工数の削減にも期待を寄せています。

評価ポイント

  • VDIと比較してひと桁安価な導入コスト
  • PCの切り替え時のデータ移行作業工数の削減
  • PCにデータを置かない「データレスPC™」の安心感

秘密情報をモバイルPCで持ち歩くリスク

ネットイヤーグループの新氏
ネットイヤーグループ株式会社
事業推進部 IT推進チーム
チームリーダー
新 正裕 氏
 名だたる大手企業のWebサイトやプロモーション、デジタルコンテンツのコンサルティング、企画、制作を手がけるネットイヤーグループ株式会社。同社では営業担当者が持つモバイルPCのセキュリティー対策に課題を抱えていました。
 事業推進部 IT推進チーム チームリーダー 新 正裕氏は「当社の営業担当者は、お客さまとの打ち合わせの場で資料を修正する場面も多く、常にモバイルPCを持ち歩いています。業務の特性上、顧客企業の新商品やプロモーションプランなど、機密性の高い情報を取り扱うこともあり、ディスクの暗号化や社外からのアクセス制限などの対策は行っていましたが、経営層はより高いレベルのセキュリティー対策を講じる必要性を感じており、営業現場からも同様の意見が上がってきていました。
 そのような折に、顧客企業から、より高いレベルのデータ保全対策のリクエストが有り、社外でPCを使えるというワークスタイルを変えずに、より高いセキュリティー対策が行えるソリューションの導入検討を始めました」

VDIにはコスト面と利便性で問題があった

 事業推進部 IT推進チーム中内 博一氏は「実は、以前レンタルPCの契約先について情報収集をしていた際に、横河レンタ・リースさんにもお声がけしたことがあり、それ以来ダイレクトEメールをいただいていました。
 ある時、ふと見たそのダイレクトEメールに、Flex Work Place のリリース記事が出ていて、なんとなく気になって読んでみたところ、他にはないソリューションということがわかり、とても興味を持ってはいました」。
 「先ほどのセキュリティー強化をリクエストされた顧客からは『ディスク暗号化では、ディスクを取られて暗号が解読された場合の情報漏えいリスクは拭えないので、PCにデータを置かないという対策を講じてほしい』という要求がありました。そこでFlex Work Placeのことを思い出し、導入検討を始めました。同様なソリューションとしてはVDIがあり、当然こちらも検討しました。
 しかし、Flex Work Placeと比較すると、費用の桁がひとつ違う。それに、VDIは安定したネットワーク接続がないと使いにくいものになってしまいますが、営業担当者が主に使うモバイルでは安定した接続環境が望めないという点で早い段階で選択肢から外しました」。(中内氏)

スムーズに導入がスタート

 「PCにデータを残さない」「オフライン環境でも使うことができる」というソリューションが他になかったため、Flex Work Placeの導入を決定。その後、全社導入に向けて社内への周知活動を始めました。「Flex Work Place は、私たちにとっても初めてのシステムだったので、まず検証用のシステムを導入して私たち自身で使い、メリット・デメリットをきちんと把握した上で、社内の各所へ説明に行きました。実際に営業現場を統括している部門長からも『お客様からもセキュリティー強化に関しては望まれていることなので、大変ありがたい』という好意的な声ももらい、すんなりと受け入れられました」。(新氏)
 実際の導入はIT推進チームと営業担当者の一部から始まり、「スムーズで特に支障なく導入することができました」。(新氏)

システム構成図

ネットイヤーグループ様システム構成図

PCリプレースの移行作業は大幅に軽減

ネットイヤーグループの中内氏
ネットイヤーグループ株式会社
事業推進部 IT推進チーム
中内 博一 氏
 同社で使われているPCの多くはレンタル品で、今回のFlex Work Place の導入を期に他社から横河レンタ・リースへの切り替えが進む。新氏は「実は私のPCがFlex Work Place導入後にちょうどレンタルの切り替えを迎えたので、横河レンタ・リースさんからのレンタルPC第一号となったのですが、データはFlex Work Place経由でサーバーにおいてありますので、PCの交換作業を行ったという感覚は全くありませんでした」。
 「これまで、PCのリプレースや新入社員が入ってきた時には、我々がPCのセットアップやデータ移行を行っていました。1台の初期設定に半日から1日、加えて、データ移行に数時間がかかっていました。移行作業中はユーザーからPCを回収するので、その間、ユーザーには代替機を渡して、メールと最小限のファイルだけは使えるようにしていましたが、ユーザーにとっても負担は小さくありません。年間100台ぐらいはPCのリプレースがあるので、移行作業が大幅に軽減されるのは我々の業務効率化の点から見て大きなメリットがあります。切り替え時のユーザー負担もかなり軽減され、また予備機分のコストも低減できるようになるなど、運用面でも導入の効果を感じています」。(中内氏)
 実際の使用感も「VDIと異なり、手元のPCでアプリケーションが動いているので、動作に関してはFlex Work Place 導入前とまったく変化なく使えています。『Flex Work Place を使っている』という感覚はありません。使い勝手が変わらないという点のメリットは大きいと思います」。(新氏)
 本来の目的であるデータ保全の面でも「営業担当者からは、『データ損失・流出のリスクを大きく減らせたという安心感がとても良い』、という言葉をもらっています。この安心感は『世の中の営業を救う』のではないかと思います」。(中内氏)

将来のワークスタイル変革にも対応できるソリューション

 「2015年中には全グループ合わせて約500台のWindows PCに展開を進めていく予定です。一部にクリエイティブ系でMacintoshが使われていて、現在のFlex Work Placeではカバーしきれない部分があるので、横河レンタ・リースさんには対応を期待しています」。(新氏)
 「現在は制度的な課題もあり実現はしていませんが、代表の石黒(不二代代表取締役社長 兼 CEO)は、『その人がやりやすい場所で仕事をできるのがベスト』という考えを持っており、社会状況の変化も考えると、今後、進むであろうワークスタイル変革に対応していく必要性は徐々に高まっていくと思います。その点、Flex Work Placeは技術的な課題を克服してくれる一つの方法として非常に有効だと考えています」。(新氏)

 二律背反にもなりうる、データセキュリティー向上と生産性の向上を両立したFlex Work Place。ネットイヤーグループさまではFlex Work Placeを活用して、顧客の信頼感を高め、生産性を上げることに成果を上げつつあります。



会社情報

名称 ネットイヤーグループ株式会社
所在地 東京都中央区銀座2-15-2 東急銀座二丁目ビル
資本金 5億4,424万円(2015年3月31日現在)
従業員数 連結330名(2015年3月31日現在)
URL http://www.netyear.net
*本事例は2015年7月に作成したものです。本事例中に記事の肩書きや数値、固有名詞等は初掲載当時のものであり、閲覧される時点では、変更されている可能性があることをご了承ください。

・記載の会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
・記載事項は変更になる場合があります。
NETYEAR GROUP
*本事例は2015年7月に作成したものです。本事例中に記事の肩書きや数値、固有名詞等は初掲載当時のものであり、閲覧される時点では、変更されている可能性があることをご了承ください。

・記載の会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
・記載事項は変更になる場合があります。

サービスに関するお問い合わせ

最新情報および詳細につきましては、
お気軽にお問い合わせください。

Pagetop
Copyright ©Yokogawa Rental & Lease Corporation 2020 All Rights Reserved.