データレスPC™ ソリューションFlex Work Place

仮想デスクトップ環境の課題を解決!
データレスPCクラウド Passage Drive
(パサージュドライブ)

データレスPC™「Passage Drive」は、今利用しているPCに仮想デスクトップ環境(VDI、DaaS)と同等のセキュリティーを簡単かつ低コストに実現できる新しい方法・ソリューションです。
ユーザーデータをOne Driveにリダイレクトし集約することで、データを保護しセキュリティーを高めるだけでなく、複数のデバイスに対応するマルチデバイス利用、モバイル利用、他者とのデータ共有といった利便性も高めることができます。
また、既存PCのリソースはそのまま活用するため、仮想デスクトップの切り替えで課題になりがちなパフォーマンスの低下のリスクを抑え、仕事の生産性を維持することが可能です。


データレスPCならVDI並みのセキュリティー対策を圧倒的低コストと短納期で

Introduction

コンテンツのご紹介

Merit

Passage Drive導入のメリット

データレスPC「Passage Drive」は、PCローカルへドライブの書き込みを禁止することで、ユーザーデータを端末に残しません。
また、PCのユーザーフォルダはOne Driveにリダイレクトされるので、ユーザーが普段通りの作業を実施するだけで、そのデータは同期されるクラウドストレージに作成、保存されるようになります。
仮想デスクトップ(VDI、DaaS)で必要となるような大規模なHWの調達や新たなスキルセットの習得も不要で、ファイルを開く際にOneDriveからダウンロードする以外はネットワークをほぼ使わないため帯域を圧迫することもなく、圧倒的な低コストでユーザー環境のパフォーマンスの低下のリスクを抑えて使うことができるのがPassage Driveです。

01

セキュリティーの強化

セキュリティーの強化
  1. Windows の操作制限
  2. データの書き込み制御
  3. OneDriveリダイレクト
  4. データレス機能
02

生産性とスピードの向上

生産性とスピードの向上
  1. 導入トレーニング不要
  2. PC交換時の業務停止なし
  3. ユーザーデータの保全
  4. ビジネススピードの加速
Function & Explanation

Passage Driveの機能等ご説明

データレスPC「Passage Drive」は、PCのローカルドライブへの書き込みを禁止し、フォルダをOneDriveにリダイレクトすることで、ユーザーデータをPCに保存することなく仕事ができる環境を実現するソフトウエア製品です。
ユーザーデータは、自動的に OneDrive へ保存されるので、バージョン管理を含めたデータの保全や、セキュリティーを心配する必要はなく、安心して本来の業務に集中できます。
OneDrive に保存されたデータは、チームメンバーと簡単に共有・表示ができます。たとえメンバーが遠隔地にいたとしても、時間と場所を問題にせずに効率よく共同作業を行うことができ、表示が遅いなどの課題も解決できるためビジネススピードを各段に加速できます。

ユーザーデータをOneDriveで自動保存についての説明

ユーザーデータを OneDriveで自動保存

ユーザーデータは、自動的に One Drive へリダイレクトされますので、バージョン管理やPCの更改データの保全をユーザー側で意識することなく安心して本来の業務に集中できます。
One Drive に保存されたデータは、チームメンバーと簡単に共有ができます。たとえメンバーが遠隔地にいたとしても、時間と場所を問題にせずに効率よく共同作業を行うことができ、ビジネススピードを各段に加速できます。

テレワーク時の情報漏えい対策を強化についての説明

テレワーク時の情報漏えい対策を強化「エンドポイントDLP」

データレスPC「Passage Drive」は、ユーザーデータの保存をOne Driveへリダイレクトし、ローカルディスクの書き込み禁止と不可視化により、PC内にユーザーデータを残さない安全な在宅勤務用のPC環境を実現します。
オプションとして、エンドポイントDLPを追加することで、社内ネットワーク接続と社外ネットワーク(在宅勤務中)の接続状況を自動で検知し、在宅勤務中の自宅プリンターでの印刷や外部メディアへのデータ書き出しが実行できないように制御することができるためデータ保全などのセキュリティー対策にも対応可能です。

Cost Down

導入コスト・運用コストを大幅削減

データレスPC「Passage Drive」は、VDIやDesktop as a Service「以下DaaS」の導入コストや切り替え工数と比較して、圧倒的に低コスト、短納期という点が特徴です。VDIはシンクライアント端末やVDA、仮想管理ソフトウエア、サーバーなど高額な費用が必要となり、DaaSもシンクライアント端末やVDAほか高額な利用料が必要となります。一方、Passage Driveはストレージ、ライセンス料のみでおおよそ1/10のコストでVDI同等のセキュリティー対策を実現します。また導入時の工数についても、VDIやDaaSはハードウエア含むさまざまな設計から環境構築や運用技術習得などが必要となるのに対し、Passage Driveはそれらの工程が不要となるので、おおよそ1/4※の工数で導入が可能となります。 ※当社調べによる

Passage Drive 製品 価格

製品名 単位 価格 備考
レンタルライセンス
Passage Drive レンタル使用権 1ヵ月 指名ユーザー ¥500

対象ユーザーが One Drive 環境にて Passage Drive を使用するための期間ライセンス(サポートサービス含む)
別途 One Drive for Business の契約が必要。(当社以外の契約でも可能)

エンドポイントDLP レンタル使用権 1ヵ月 指名ユーザー ¥300

Passage Drive に追加するオプション製品です。
本ライセンスの利用には、Passage Drive ライセンスが必要です。

Respond to Change

ビジネス環境の変化に対応

データレスPC「Passage Drive」を普段から利用しておけば、テレワーク、在宅勤務といった働く場所が変わる場合でもセキュリティーを確保しながら、ユーザーの利便性を向上させることができます。
普段利用しているPCに高いセキュリティーを実現しながら、ネットワークの帯域の圧迫を防ぎWeb会議やクリック遅延も起こりづらくスムーズに動作させることができます。
また、クラウド上の容量を利用しているため、今後ユーザーが保存するファイルが増加してもPC本体の制限を受けることなく対応することができます。
ビジネス環境の変化に対応についての説明

Passageのご紹介

データをクラウド上にアップロードすることなくオンプレミス環境で管理したい、閉域網のネットワーク環境を利用されている、そんな場合はPassageをお勧めします。
今お使いのファイルサーバーにデータを集約して、データレスPC環境を実現することが可能です。

お問い合わせ・ご質問について

  1. 資料請求

    まずは資料を読みたいという方に
    各製品の資料をご用意しております。
  2. フォーム問い合わせ

    ご質問があるかたに最適
    1営業日以内に担当からご返信いたします。
  3. 電話問い合わせ

    お急ぎの方や、直接ご相談したい方に最適