導入事例
ラピスセミコンダクタ宮城株式会社

工場内に点在する工程管理用のPCを
Windows 10 大型アップデートで停止させないために
Flex Work Place Unifier Castを導入

半導体製造を行っているラピスセミコンダクタ宮城株式会社では、Windows 7 のサポート終了に伴うWindows 10 PCへのリプレースを進めています。
Windows 10 の導入に伴い課題になったのが、半年ごとにリリースされる大型アップデート(Feature Update)。
24時間稼働を行っている同社工場では、アップデート時のネットワーク負荷と長時間のPCの停止は、生産に大きな影響を与えかねません。
この課題を解決するため、Flex Work Place Unifier Cast(以下、Unifier Cast)を導入し、Windows 10 更新プログラムのタイミングをコントロールすることで、アップデート作業をスムーズに行うことができました。

ラピスセミコンダクタ宮城株式会社の皆様

評価ポイント

  • Windows 10 更新プログラムを任意のタイミングで各PCに適用できる
  • アップデータ配信時のネットワークの負荷を軽減できる
  • 見やすいダッシュボードで各PCのアップデート状況が容易に把握できる

製造ラインで多数稼動しているPCを容易にメンテナンスできない

ラピスセミコンダクタ宮城株式会社 製造推進部 生産情報システムグループ課⾧ 皆川互氏
ラピスセミコンダクタ宮城株式会社
製造推進部
生産情報システムグループ課⾧
皆川 互 氏
 ロームグループの半導体製造会社、ラピスセミコンダクタの生産拠点であるラピスセミコンダクタ宮城は、主に低消費電力技術、高周波回路技術やデジアナ混載技術など、特徴ある差別化技術を生かした「ロジックLSI」「メモリLSI」「ドライバLSI」を生産しています。
 同社では500台ほどの通常のオフィス業務用PCの他、工場の製造ラインで230台ほどのPCを使用しています。2020年1月のWindows 7 サポート終了に伴い、全社で使われているPCのWindows 10 化を進めることになりました。
 導入に先立ち検証を行っていたところ、問題になったのが製造ラインで使われているPCでした。
 同社製造推進部生産情報システムグループ課長の皆川互氏は「製造ラインに設置されているPCは主に工程の進捗を入力するために使われています。生産管理と密接に関わっているため、これらのPCが何らかの理由で使えなくなると、生産にも影響を及ぼします。
 また、これらのPCは広い工場の中に散在しており、場所によっては操作しにくいところに設置してあるので、簡単に保守ができません。
工場は24時間365日稼動しているため、実質これらのPCをメンテナンスできるのは年1回、5月に行われる保守のための工場稼働停止日のみです」と語ります。

長過ぎる大型アップデートの時間が生産に影響を及ぼす

 Windows 10 へのリプレースにあたり、問題となったのが半年ごとに実施されるWindows 10 の大型アップデート(Feature Update) でした。「大型アップデートが何の制御もなく製造ラインのPCに適用されると大変なことになります。それは7GB近いアップデータの配信に伴うネットワーク負荷と、アップデートにかかる時間です。特に製造ラインのPCは、通常の負荷が低いこともあり、コスト面から最低限度のスペックのものを使っているため、大型アップデートが適用されると数時間は使えなくなることがテストで判明しています」(皆川氏)。つまり、アップデートのタイミングを、工場の保守時だけに絞る必要があったのです。

ラピスセミコンダクタ宮城株式会社 Flex Work Place Unifier Cast 構成図

ラピスセミコンダクタ宮城株式会社 Flex Work Place Unifier Cast 構成図

Unifier Cast で Windows Updateの配信を最適化

この課題の対策を検討していた同グループの門脇秀之氏はある記事を目にします。「IT系のWebメディアで、Windows Updateをネットワークに負荷をかけない形で配信するソリューションがあると知りました。それがUnifier Castでした」。
「Unifier Castはリレー方式でアップデートデータを配信し、キメ細かいコントロールができるため、LANの帯域を埋め尽くすこともなく、サーバーの負荷分散も可能ということが分かり、まさに当社の環境にうってつけだと考えました。Unifier Castが横河レンタ・リースのサービスと知り、当社と長い取り引きのある横河電機グループの総合代理店 美和電気工業に問い合わせをしたところ、横河レンタ・リースを紹介されました。相談したところ、テスト用環境を提供してもらえるということでしたので、さっそく環境を構築し、検証を行いました」(門脇氏)。

検証中のサポートの手厚さが導入決定の決め手の一つに

ラピスセミコンダクタ宮城株式会社 製造推進部 生産情報システムグループ 門脇秀之氏
ラピスセミコンダクタ宮城株式会社
製造推進部
生産情報システムグループ
門脇 秀之 氏
 「検証中は、設定などの内容についてさまざまな質問を横河レンタ・リースのサポートデスクに問い合わせましたが、レスポンスが速く感銘しました。ベンダーによっては導入後でも2~3日待たされる場合もあるのに対し、導入前にもかかわらずしっかり対応してくれました。この安心感は導入決定の決め手の一つになりました。
 Unifier Castの機能も満足できるものでした。テスト段階では設定などで戸惑うこともありましたが、サポートデスクから丁寧に回答をいただき解決できたので、導入に踏み切りました」(門脇氏)。
 すでにオフィス業務用PCには先行導入を行い、5月の工場保守期間をターゲットに、製造ライン用PCへの導入が始まります。「Unifier Castは、配信機能に加え、管理機能にも期待をしています。管理用のダッシュボードはとても見やすく、トラブルがあったPCもすぐに把握できるため、障害時のリカバリーにもすぐに対応できると思います。引き続き展開を続け、2020年以降はすべてのPCをUnifier Castで管理することで、管理工数を低減できることを期待しています」(門脇氏)。

パートナー様の声

美和電気工業株式会社 石巻営業所 営業 東海林晃平氏
美和電気工業株式会社
石巻営業所 営業
東海林 晃平 氏
高い技術に裏付けられた PCの運用技術を 逆に学ばせていただいています
 ラピスセミコンダクタ宮城さまは同社創業時から長くお取り引きさせていただいており、PC、サーバーなど情報系のインフラを中心にご支援しています。
 ご担当の門脇さまは非常に知識豊富で、横河レンタ・リースに対する質問もかなりレベルの高いものと聞いています。実際、Unifier CastのFAQにも門脇さまからの質問が反映されているものもあるくらいです。
 当社は引き続き横河レンタ・リースと連携しながら、PCやサーバーの導入・運用のサポートをしっかり行い、ラピスセミコンダクタ宮城さまの業績に貢献していきたいと考えております。

会社情報

名称 ラピスセミコンダクタ宮城株式会社
所在地 宮城県黒川郡大衡村沖の平1番
資本金 2億円
社員数 229名(2018年3月末現在)
URL http://www.lapis-semi.com/miyagi/index.html
*本事例は2019年4月に作成したものです。本事例中に記事の肩書きや数値、固有名詞等は初掲載当時のものであり、閲覧される時点では、変更されている可能性があることをご了承ください。

・記載の会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
・記載事項は変更になる場合があります。
*本事例は2019年4月に作成したものです。本事例中に記事の肩書きや数値、固有名詞等は初掲載当時のものであり、閲覧される時点では、変更されている可能性があることをご了承ください。

・記載の会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
・記載事項は変更になる場合があります。

サービスに関するお問い合わせ

最新情報および詳細につきましては、
お気軽にお問い合わせください。

Pagetop
Copyright ©Yokogawa Rental & Lease Corporation 2019 All Rights Reserved.