導入事例
小岩井乳業株式会社様 Unifier Cast/AppSelf版

Flex Work Place Unifier Cast/AppSelfの導入により、
WSUSを導入せずに Windows 10 の大型アップデート管理を
効率よく実施できる環境を構築

乳製品の製造・販売事業を展開する小岩井乳業株式会社では、業務用PCの Windows 10 PC化に伴い、Windows 10 の大型アップデートへの対応を検討していました。
社内インフラの関係上、Active Directoryを使ったWSUSの管理が難しく、またWSUS用の機器導入は情報システム部門の負担増となることが課題となっていました。
この課題を解決するために、Flex Work Place Unifier Cast(以下、Unifier Cast)とFlex Work Place AppSelf(以下、AppSelf)を導入、アップデートの運用や、PC交換時の再インストールへの備えを万全としました。

小岩井乳業の川口氏と片野氏とイ氏

評価ポイント

  • WSUS・Active Directoryがなくても Windows 10 の大型アップデートを管理できる
  • 管理画面の使い勝手の良さ
  • ユーザー自身でアプリをインストールできるため、情報システム部門の負荷を軽減

PC環境の刷新で変化への対応力と働き方改革を推し進める環境づくり

小岩井乳業 川口氏
小岩井乳業株式会社
経営戦略部
人材担当 部長代理
川口 賢一 氏
 130年余りの歴史を持つ岩手・小岩井農場をルーツとする小岩井乳業株式会社。日本初の発酵製法(クリームに乳酸菌を加え発酵させる製法)によるバター「小岩井 純良バター」をはじめとして、高い価値を持つ乳製品の製造・販売を行っています。
 同社では、社内で使われていた Windows 7 PCを Windows 10 PCへリプレースするタイミングで、働き方改革を推進するPCの導入を決定。横河レンタ・リースが提供するレンタルPCを軸としたPC環境の導入に踏み切りました。
 当時、同社で情報システム部門の運営・管理の中核にいた経営戦略部 人材担当 部長代理の川口賢一氏は「当社のIT戦略は、ITシステムをできるだけ身軽にすることで、本業へリソースを集中する方針で進めてきました。具体的には、クラウドサービスの積極的な導入・活用など、ITシステム・資産はできるだけ“所有から利用”へシフトし、事業環境の変化にすぐに対応できるシステムづくりを行ってきました。横河レンタ・リースからのレンタルPCとそれを支える Windows 10 運用をトータルでサポートする環境は、当社が目指しているものと合致しており、採用を決めた次第です」

情報が少なかった Windows 10 の大型アップデート

小岩井乳業 片野氏
小岩井乳業株式会社
経営戦略部
情報担当 部長補佐
片野 和美 氏
 Windows 10 は最後の Windows のバージョンと言われ、“WaaS(Windows as a Service)”モデルという、OSのアップグレードに匹敵する大型アップデート(Feature Update)が半年に一度配布される形態を取っています。
 同社経営戦略部 情報担当 部長補佐の片野 和美氏は「Windows 10 PCに移行するにあたり、このWaaSモデルが問題の一つとなりました。導入を検討している当時、Windows 10 のアップデートに関する情報はとても少なく、実際、どれぐらいの規模なのか、アップデートの頻度はどれぐらいなのか、また他社ではどうやっているのか、といった情報をいろいろ探したものの、なかなか当社に適したものを見つけることができませんでした。
 PC調達選定の際には10社に提案してもらったのですが、いずれの企業もアップデートに関しては正解を持っていないようでした。
そのようななか、横河レンタ・リースはすでに社内のPCを Windows 10 に移行していると聞き、WaaS環境に関する情報を提供してもらいました。」

小岩井乳業株式会社 Flex Work Place Passage Drive / Unifier Cast / AppSelf 構成図

小岩井乳業株式会社 Flex Work Place Passage Drive / Unifier Cast / AppSelf 構成図

WSUS+Active Directoryの環境は導入できない

 Microsoftは、Windows 10 のアップデート管理を行う環境としてWSUS(Windows Server Update Services)を推奨していますが、アップデートのきめ細かな制御・管理を行うにはActive Directory(以下、AD)の利用が必須です。ところが同社ではこれが課題となりました。
 「実は、ネットワークのインフラはキリングループ全体で管理しており、Active Directoryの管理・運用を同様にキリングループへ委託しています。しかし、PCのアップデートに関しては、検討・検証などを当社が直接操作する運用ではないため、実現するにはADサーバーを自社で管理・運用するか、独自のADサーバーを持たなくてはなりません。同様にWSUS自体もサーバーを用意しなくてはなりません。
 しかし、当社は300名ほどの組織であり、アップデート管理だけでADサーバーやWSUSサーバーを導入するには荷が重すぎました。」(片野氏)

小岩井乳業の環境に最適なUnifier Cast

 「それに対し、とある企業からUnifier Castの提案を受けました。Unifier Castなら、WSUSもADも不要で、機器を準備する必要もないといいます。また、きめ細かな配信管理も可能ということで、まさに当社の環境に最適だと思いました。
 ところがよく調べるとUnifier Castは横河レンタ・リースのサービスだとわかり、それであれば開発元のほうが安心できると考えました。最終的に調達、データレスPCによるセキュリティー、そしてUnifier Castによるアップデート管理とトータルで Windows 10 を運用するのに最適な環境が整っているということで、横河レンタ・リースに決まりました」(片野氏)

ユーザー自身に環境設定を任せる

 今回のPCリプレースにあたり、同社ではPCの設定はユーザーが各自で行う形に方針を変えました。「これまで、PCのリプレースや故障時の代替機へ切り替えするときには、情報担当のほうで各種設定や、各種アプリケーションのインストールを行っていました。
 今回、横河レンタ・リースの Windows 10 プロビジョニングパッケージ運用サービス『Simplit プロビジョニング』を利用することでOSのマスター管理は可能となりました。さらにAppSelfを導入することで、ユーザーが業務で使用するアプリをユーザー自身がインストールできるようにしました。これにより、情報担当の工数を削減するとともに、ユーザー自身のITリテラシー向上のきっかけになることを期待しています。」(川口氏)

今後のサポートにも期待

 2019年の第1四半期に、先行導入分のレンタルPC(Microsoft Surface)の展開が完了し、2019年の秋から冬をターゲットに最初の大型アップデート(Windows 10 バージョン1903)の展開を始めます。
 「いよいよ大型アップデートをかけることになりますが、導入からこれまでと同じように、横河レンタ・リースがしっかりとサポートをしていただけると期待しています。Windows 10 はさまざまな点で変化が激しいOSですが、Windows 10 を先行して導入した企業として、Windows 10 のサポートにリソースを振り分けているでしょうから、そこで得られた知見を生かしていただけるでしょう。その点では、あまり心配はしていません。」(川口氏)

 アップデートのノウハウが蓄積・展開されていなかった Windows 10 の大型アップデートですが、横河レンタ・リースでは自社のソリューションも活用しながら、知見を蓄積し、お客さまに展開しています。今後も、Windows 10 運用のパートナーとして小岩井乳業様の理想を実現すべくサポートしていきます。

会社情報

名称 小岩井乳業株式会社
本社所在地 東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス
資本金 1億円
従業員数 292名
URL https://www.koiwaimilk.com/
*本事例は2019年11月に作成したものです。本事例中に記事の肩書きや数値、固有名詞等は初掲載当時のものであり、閲覧される時点では、変更されている可能性があることをご了承ください。

・記載の会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
・記載事項は変更になる場合があります。
小岩井乳業
*本事例は2019年11月に作成したものです。本事例中に記事の肩書きや数値、固有名詞等は初掲載当時のものであり、閲覧される時点では、変更されている可能性があることをご了承ください。

・記載の会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
・記載事項は変更になる場合があります。

サービスに関するお問い合わせ

最新情報および詳細につきましては、
お気軽にお問い合わせください。

Pagetop
Copyright ©Yokogawa Rental & Lease Corporation 2021 All Rights Reserved.