横河レンタ・リース株式会社

電磁ノイズがどこから出ているか、予測困難ではありませんか?

横河レンタ・リースがお悩み解決!<レンタルソリューション>

すべての電子・電気機器は、電磁波ノイズに対する規制や対策の対象です。国際電気標準会議(IEC)や日本工業規格(JIS)などで基準が定められており、機器の高性能化や小型化でその対策の難しさや厳しさが年々増しています。
電子機器の開発に不可欠なEMC対策における開発から品質評価段階での電磁ノイズがどこから、どちらの方向にどれくらい出ているのか。また、その場ですぐに計測ができないなど、評価の方法に頭を悩ませているのではないでしょうか?

車

EMC問題電子機器、無線機器、車載ハーネス等から出る電磁ノイズが他機器を誤動作……EMC対策が至急必要!

しかし、電磁ノイズは目に見えない、どこからどれくらい出ているのか予測困難……電磁界分布を特定したい!

測定設備・対象物の問題測定物(大きい設備や電子機器)をいちいち電波暗室に持ち込むのは大変
……さっと手軽に、現場で調べたい!

無駄な測定時間電磁界センサ等でのデータの取り込みは数値のみ、そのデータを離れたPCで取り込みベクトル表示……測定者が「その場」で測定データを見たい!

電磁ノイズがその場で見えて、手軽に使える測定器はあるのだろうか

問題解決に必要なもの

check
  • 電磁界ベクトルを、直感的に把握できる
  • どこにでも持っていける
  • その場ですぐに計測できる

解決方法

解決方法をご紹介します。

ページの先頭に戻る