Flex Work Place PassageFlex Work Place Passage Drive
ファイルサーバーを活用して
漏洩リスクを回避しながら
利便性を向上

ビジネスの未来を考えるデータレスPC。安全で柔軟な働き方を実現します

VDI相当のセキュリティーを最大1/10投資で


PC運用されていてこんな困った経験はございませんか?

旧PCから新PCへのデータ移行
旧PCから新PCへのデータ移行
紛失・盗難による漏洩リスク
紛失・盗難による漏洩リスク
故障によるデータ損失
故障によるデータ損失

PCのローカルにデータが無ければ解決できます!

Flex Work Place Passage Drive

Windows OS 搭載PCの読み書きを、すべてネットワークドライブ(ファイルサーバー)へリダイレクトし、PCには一切のユーザーデータを保存しないため、セキュリティーレベルを強化したデータレスPCを実現します。 万一、パソコンが紛失・故障しても、管理者がアカウントを停止するだけで、情報漏えいやデータ消失を防止できます。 ファイルサーバー上にデータがあるため、バックアップが容易になり、ランサムウエアによる被害を防ぎます。オフラインではまったく作業ができないVDI(仮想デスクトップ)やDaaS(Desktop as a Service)と異なり、PCのRAMディスク(メモリ)を利用し、利便性も確保。RAMディスクは、ログオフ時や電源OFF時に消去されるため安全です。 利用者は、データの保存場所を意識することなく、シーンに合わせて最適な端末を利用することができ、生産性や満足度を向上。Windows 10 へのリプレースに発生するデータ移行作業も不要となり、管理者の負担軽減とコスト削減に貢献します。


Passageの仕組みと構成

Flex Work Place Passage 新しい働き方が可能になる

・大事なデータはファイルサーバーに作成した個人フォルダに格納
・OSとアプリケーションは従来通りローカルに搭載
・Cドライブは書き込み不可

導入したことを気づかせない

Flex Work Place Passageの仕組みと構成

・通常の Windows ログオンと何も変わらない
・Passage インストール後、すぐに業務利用が可能
・ユーザーインターフェースはもとより従前と変わらない。
 オフライン時の"PassagePlate"の操作方法を習得して頂くだけで利用可能。

オンライン
・ファイルサーバーに接続可能(LAN)であれば、自動でリダイレクト開始

オフライン
・ファイルサーバーに接続不可(社外)であれば、オフラインモードになる

利用ユーザーの負担を最小限に留めることで導入後の対応工数を削減します

データが無いことは機器交換を楽にします

Flex Work Place Passageでパソコンの機器交換が楽に

故障や盗難はもちろんですが、PCの入れ替え時にもデータが無いため移行作業が不要となります。
データ移行時間×台数の分だけ生産性向上にもつながります。

Flex Work Place Passage でセキュリティーと生産性向上、運用コストはVDIの1/10

サービスに関するお問い合わせ

最新情報および詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。

One Driveを有効活用したいお客さまには


Flex Work Place Passage DriveFlex Work Place Passage Drive
PCのデータをOneDriveへ
格納することで
マルチデバイスでデータへの
アクセスが可能となります

Flex Work Place Passageの仕組みと構成
Pagetop
Copyright ©Yokogawa Rental & Lease Corporation 2019 All Rights Reserved.