Microsoft Intune では難しい
アプリの配布は AppSelf

ゼロトラスト環境でPCを管理をしようとしている企業の多くが、
既に Microsoft Intune を導入しているか、導入を検討されているのではないでしょうか。
デバイスの管理やアプリケーションの管理を一括で行うことができる便利な Intune ですが、
実際に運用を行ってみると、アプリケーションの配信の運用において、課題が発見される
ケースがあります。

主な導入企業さま

  • 小岩井乳業株式会社さま
  • 札幌テレビ放送株式会社さま
  • 株式会社フジテレビジョンさま
  • 藤森工業株式会社さま
  • 横河電機株式会社さま
  • 株式会社早稲田アカデミーさま
AppSelf AppSelf

Intune でのアプリ配布に
困っていませんか?

Azure Active Directory、Windows Autopilot、Intune
を活用することで、組織のIT担当者はゼロトラスト環境におけるPCのセットアップを簡略化できます。
特に、Intune によるPCへのアプリケーションの配信は、IT管理者の工数削減、ひいては運用の効率化に大きく寄与します。
ただし、実際に運用をしてみると、IT管理者は以下のような課題に遭遇することがあります。

  • Intune でのアプリ配布に困っていること1 Intune でのアプリ配布に困っていること1

    GUI操作が必要な
    アプリの配布ができない・・・

  • Intune でのアプリ配布に困っていること2 Intune でのアプリ配布に困っていること2

    配布スクリプトを
    都度作成するのが大変・・・

AppSelf は、
上記のような課題を抱えたIT管理者に、
現実的で有用な解決策を提供します。

AppSelf の概要

AppSelf は、IT管理者が許可したアプリケーションについては、ユーザー自身でインストールができる環境を提供します。
PCユーザーには管理者権限を付与することなく、許可されたアプリケーションだけをインストールしてもらうことができるため、
セキュアなPC環境を実現することができます。
Appself の運用は非常にシンプルであり、概要は以下の通りです。

  1. あらかじめユーザーのPCに「公開鍵」の含まれた AppSelf エージェントを
    インストールしておきます。

    インストール
  2. ユーザーに任意のアプリケーションのインストールを許可する場合、
    IT管理者は「AppSelf パッケージ作成ツール」を使って、当該アプリケーションのインストーラーの「AppSelf パッケージ化」を行います。
    この時作成される AppSelf パッケージには「秘密鍵」による署名が行われます。

    AppSelf パッケージ化
  3. AppSelf パッケージを、アプリケーションをインストールしたいユーザーに提供します。

    AppSelf パッケージをユーザーに提供
  4. AppSelf パッケージを受け取ったユーザーが、同パッケージを使ってアプリケーションのインストール作業を行うとパッケージ側の「秘密鍵」とエージェント側の「公開鍵」の適合が確認され、当該アプリケーションのインストールが実施できます。

    パッケージを受け取ったユーザーのインストール実施
AppSelf 概念図 AppSelf 概念図

AppSelf による Intune 課題の解決

AppSelf は Intune の運用上の課題に、以下のような解決方法を提供します。

  1. 課題

    インストール時にGUI操作が必要なアプリ
    ケーション(サイレントインストールオプションが無いアプリケーション)は Intune では配布ができない。

    課題1 課題1

    AppSelf で解決

    AppSelf はサイレントインストールオプションが無いアプリケーションもパッケージ化が可能です。
    当該アプリケーションの AppSelf パッケージを、クラウドストレージなどを使ってユーザーに共有することで、課題が解決できます。

    解決1
  2. 課題

    配布対象のユーザーが少ないアプリケーションにおいても、
    配布スクリプトの作成、検証作業が発生し、運用工数が圧迫される。

    課題2 課題2

    AppSelf で解決

    AppSelf のパッケージ作成作業は、非常に簡単です。管理者は面倒なスクリプト作業を実施する必要がありません。
    利用者が少ないアプリケーションは AppSelf パッケージ化し、クラウドストレージなどで必要なユーザーに共有することで、運用工数を軽減することが可能です。

    解決2

AppSelf の価格・動作環境

パーマネントライセンスまたはレンタルライセンスをお選びいただけます。なお、レンタルライセンスにはサポートサービスが含まれています。

製品名 単位 価格 備考
パーマネントライセンス
AppSelf ベース使用権※1, ※2 システム ¥120,000 -
AppSelf デバイス使用権※1 デバイス ¥4,800 -
サポートサービス
AppSelf ベース サポートサービス 平日1年 システム ¥22,200 AppSelf ベース使用権と同数必要
AppSelf デバイス サポートサービス 平日1年 デバイス ¥960 AppSelf デバイス使用権と同数必要
レンタルライセンス
AppSelf レンタル使用権 1カ月 デバイス ¥200 対象デバイスでAppSelfを使用するための期間ライセンス

※AppSelf レンタル使用権に含まれる内容

  1. 1. Flex Work Place AppSelf 使用権
    • デバイス使用権
    • 当社環境のライセンスサーバー(※3)へのアクセス権
  2. 2. サポートサービス

※1初年度は、別途サポートサービス費用が必要です。次年度以降は任意購入となります。

※2ベース使用権は、お客さま(管理サーバー)ごとに必ず一つ必要です。管理サーバーを分ける場合には、管理サーバー分の購入が必要となります。

AppSelf の無償トライアルや
詳細についてお気軽にご相談ください。

導入事例

  • 横河電機株式会社さま

    横河電機株式会社さま

    約1万2千台のPCを保有する横河電機さまは、コロナ禍をきっかけにテレワークを推奨することになり、社外でPCを使われる機会が格段に増えました。
    同社は、テレワーク環境における Windows アップデート時のネットワーク負荷の回避、という課題を解決するために、AppSelf を導入しました。
    Windows アップデートの運用を当社製品の Unifier Cast を用いた方法に変更した後も、AppSelf を使って Microsoft Office 365 やその他のアプリケーションのモジュール配信を行い、テレワーク環境下での、PC運用の最適化を実現しています。

    横河電機さまの事例詳細はこちら
  • 株式会社フジテレビジョンさま

    株式会社フジテレビジョンさま

    フジテレビジョンさまは、テレワーク従事者に対する、
    アプリケーションのインストール代行作業を
    AppSelf を用いた運用に置き換えることで、PC運用の最適化を実現しています。

    フジテレビジョンさまの事例詳細はこちら
  • 株式会社早稲田アカデミーさま

    株式会社早稲田アカデミーさま

    早稲田アカデミーさまは、Acrobat Reader などのアップデートのため、
    AppSelf をご活用いただいています。

    早稲田アカデミーさまの事例詳細はこちら

PC1台で検証可能! 無償トライアル AppsSelf

AppSelf の運用環境の構築は非常に簡単です。
お手元にPCを一台ご用意いただければ、
トライアルは可能です。

お気軽にお問い合わせください。

無償トライアルの
お申し込みはこちら

パートナー

お客さまに最適な環境で当社製品をお使いいただくために、多くのパートナー企業からご購入いただくことができます。
まずは当社にお問い合わせください。

  • アイテック阪急阪神株式会社
  • 株式会社インフォセンス
  • ウェルポイント株式会社
  • SCSK Minoriソリューションズ株式会社
  • 株式会社エス・ワイ・シー
  • NECネクサソリューションズ株式会社
  • NECネッツエスアイ株式会社
  • NTTデータルウィーブ株式会社
  • 遠鉄システムサービス株式会社
  • キーウェアサービス株式会社
  • KDDI株式会社
  • santec株式会社
  • CTCエスピー株式会社
  • 株式会社ソルネット
  • 株式会社TOKAIコミュニケーションズ
  • 日本ヒューレット・パッカード合同会社
  • 日本ビジネスシステムズ株式会社
  • 萩原電気株式会社
  • 株式会社日立システムズ
  • 富士フイルムビジネスイノベーション株式会社
  • 富士ソフト株式会社
  • 丸紅情報システムズ株式会社

AppSelf の無償トライアルや
詳細についてお気軽にご相談ください。

ページの先頭に戻る