データレスPC™ ソリューションFlex Work Place

社員のPCに入れるアプリケーション・ツールを一括管理
アプリケーション管理ツール AppSelf (アップセルフ)

「AppSelf」は、ユーザーに管理者権限を与えずに、ユーザー自身の操作で、管理者が許可したアプリケーションだけをインストールさせることができます。
従来のソフトウエア配信運用において管理者は、スクリプト開発などの面倒な準備作業を行う必要がありますが、AppSelfは簡単な操作で準備を進めることが可能です。

Introduction

コンテンツのご紹介

Merit

AppSelfのメリット

AppSelfのメリット

ソフトウエア環境の統一には、配信ソフトを利用している企業も多いと思います。ソフトウエアを配信するためには、サイレントインストール用のプログラムを作成するなど実は多くの工数が発生します。 「AppSelf」は、ユーザーにインストール操作を実行させることができるため、事前準備はインストーラーをドラッグ&ドロップして名前を付与するだけの簡単操作です。 ユーザーは、ファイルを確認し入手をすればすぐにインストールやアップデートを開始することができます。 部署ごとにソフトウエアが異なり、大量の種類のソフトウエア配信が必要な場合もサイレントインストールプログラムを作成する必要が無いため、管理者さまの工数削減に大きく貢献します。

Function & Explanation

AppSelfの機能等ご説明

「AppSelf」は、管理者が許可したアプリケーションだけを、ユーザー自身でインストールすることができる環境を提供します。 「AppSelf」でパッケージ化されたインストーラーは、管理者権限が無いユーザーでもインストール処理を進めることができます 「AppSelf」でインストールしたソフトウエアは、自身でアンインストール実施を許可させることも可能となります。 配信が不要となるため、ネットワーク負荷を気にする必要がありません。 テレワーク環境でも管理者が許可したアプリケーション、ソフトウエアのみをインストールすることが可能なためセキュリティー対策としても活用いただけます。 「Unifier Cast」と連携することで、Windowsアップデート(Feature Update、Quality Update)をパッケージ化することも可能です。 これらを利用することで、管理権限が無いユーザーが自身のタイミングでWindowsアップデートを開始することが可能となります。

パッケージ作成ツールの説明

AppSelfパッケージ作成ツール

「AppSelf」パッケージ生成ツールは、インストーラーファイルをドラッグ&ドロップし、名前を保存するだけで簡単にパッケージを作成することができます。
特定のユーザーやPCのみにインストーラの起動を許可させる設定もありますので、ライセンス違反を抑制させることも可能です。
また、アンインストール用のプログラムを組み込むことや、スクリプトをパッケージ化することも可能ですので、さまざまな用途で利用することが可能です。

※生成ツールを見出しと同じ作成ツールに合わせてあります。

AppSelfエージェントについての説明

AppSelfエージェント

ユーザーは、入手したパッケージをダブルクリックするだけで、インストーラーを起動することが可能です。
また管理者許可しているアプリケーション、ソフトウエアについてはアンインストールを自身で実施することが可能です。
もちろんユーザーに管理者権限は不要となります。

Security

セキュリティー対策としてのAppSelf

「AppSelf」で作成されるパッケージは、デジタル署名が施されており、秘密キーと公開キーがひもづかれている端末のみインストーラーを実施することができます。 また、改ざん防止も付与されており、第三者が意図しないファイルを組み込むことへの対策もしっかりととられています。

セキュリティー対策の説明
Work Efficiency

業務効率化ツールとしてのAppSelf

管理者は、サイレントインストール用のプログラムを作成する必要はありません。
ユーザーに一時的に管理者権限を付与する運用も不要です。
リモートデスクトップでログインして管理者がインストール作業を代行する必要もありません。
これだけで多くの管理者の工数を削減することができます。
業務効率化ツールとしての説明
Corporate Task

企業が持つ課題

AppSelfのアイコン

で課題を解決

  • 管理者権限をはく奪したい
  • ソフトウエアインストール環境を整えたい
  • テレワーク環境PCのソフトウエアインストール、
    アップデート、Windowsアップデートを実施させたい

お問い合わせ・ご質問について

  1. 資料請求

    まずは資料を読みたいという方に
    各製品の資料をご用意しております。
  2. フォーム問い合わせ

    ご質問があるかたに最適
    1営業日以内に担当からご返信いたします。
  3. 電話問い合わせ

    お急ぎの方や、直接ご相談したい方に最適