計測器資産管理の目的とメリット

計測器資産管理の目的

・ 現状設備状況の把握

現状設備状況の把握

・ 設備の最適調達

設備の最適調達

・ 品質の維持

成績書・定期校正管理で品質維持

・ 開発/設計環境の向上

計測器の効果的な運用

全体の効率化とコスト削減!!

部署・事業所を超えて、計測器を適材適所に再配備する事で、設備稼働率の向上を図り、資産の有効活用を実現します。

計測器資産管理を行う場合のメリット

現状設備状況の把握(資産把握と業務分析)

・計測器資産の状況把握を瞬時に行う事が出来ます。

設備の最適調達によるコスト低減(資本コストの削減)

・機器また機種毎の利用状況把握が正確にできるようになります。
・現在の保有機器の適正量の判断(廃棄判断)と将来の最適調達判断によるコストダウンが可能になります。
・計測器資産の状況把握を瞬時に行う事が出来ます。

品質の維持(管理コストの削減)

・データを一元化する事により、計測器の保守管理が容易になります。
・校正成績書/校正証明書の一元管理/計画校正によるコストダウンが可能です。

開発/設計環境の向上(開発スピードの向上)

・資産の共有化により計測器の効果的な運用が行えます。
・今までのように探し回ったりせず、必要な時、必要なものが使える環境を提供します。

TCOの削減、開発スピードの向上

● 詳細は、各営業拠点 までお問い合わせください