横河レンタ・リース株式会社

フリーダイヤル

横河レンタ・リースの取り組み

環境保全活動

1999年5月、レンタル業界で初の環境マネジメントシステムISO 14001を認証取得以来、環境調和型企業を目指しグリーン調達や無梱包納品による梱包材の削減等、省エネルギー・リサイクルを考慮したさまざまな活動を推進しています。

ISO 14001:2015
≪ISO 14001:2015≫

健康経営

健康経営優良法人2020(ホワイト500)認定制度

健康経営優良法人2020(ホワイト500)認定制度ロゴ

経済産業省が選定する「健康経営優良法人2020(ホワイト 500)認定制度(※1)」において、2018 年に続き 3 年連続で認定されました。

(※1)健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取り組みや、日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業などの法人を顕彰する制度。(「健康経営」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です)
当社では、創業以来、人材を最も大切な経営資源と位置付け、従来から福利厚生の充実を図ってまいりました。社員の平均年齢が30歳を超えた2000年代初頭から、社員の心身の健康増進も重要な経営課題と捉え、支援体制の充実に努めています。近年の主な取り組みとして、従来からの生活習慣病予防対策、メンタルヘルス対策、長時間労働による健康障害防止対策に加え、喫煙対策としてノースモーキングタイムの設定と事業場の屋内喫煙所の全廃、生活習慣病対策として健康増進セミナーの開催、多様な感染症の流行に備えた社内啓発などの取り組みを行っています。

みんなを笑顔に! 元気創造企業 横河レンタ・リース 健康宣言

横河レンタ・リース株式会社は、企業理念 OPEN mind & NICE service のもと、すべての社員がお客さまに最高のサービスを提供できるよう、一人ひとりが、心身ともに元気に活躍できる会社を目指し、社員の健康増進を支援してまいります。

そのために、私たちは次のことに取り組んでまいります。

  1. 一人ひとりの社員が創造性のある仕事にチャレンジし、能力を最大限に発揮できるよう、人事制度、職場環境、福利厚生制度の整備・充実を推進します。

  2. 一人ひとりの社員が余暇を確保し、プライベートを充実できるように、全社で創意工夫を発揮し、労働時間の濃縮化にチャレンジします。また、社員の生活の多様化に応じた勤務制度の整備等、働き方改革を推進します。

  3. 一人ひとりの社員が元気に働けるよう、マネージャーはメンバー一人ひとりを尊重し、そして、勇気づけ、組織を活性化するマネジメントをポリシーとします。

  4. 一人ひとりの社員が心身ともに健康的な生活を営めるよう健康診断、保健指導、健康教育などを通じて、健康の大切さを啓発し、自主的な健康増進の支援に努めます。

  5. 私たちは、労働基準法や労働安全衛生法等、関連する法令を遵守し、社員が安心して働ける職場を創造してまいります。

スポーツ振興

社員の親睦団体への支援を通じて、社員のチームワーク醸成、健康増進を目的に、社員のさまざまなスポーツへの参加を奨励しています。

スポーツエールカンパニー

スポーツエールカンパニーは、運動不足である「働き盛り世代」のスポーツの実施を促進し、スポーツに対する社会的機運の醸成を図ることを目的として、従業員の健康増進のためにスポーツの実施に向けた積極的な取組を行っている企業をスポーツ庁が「スポーツエールカンパニー」(英語名称:Sports Yell Company)として認定するものです。
当社は2018年から2年連続で認定を受けています。

東京都スポーツ推進企業認定制度

東京都では平成27年度から、従業員のスポーツ活動の促進に向けて優れた取組やスポーツ分野における支援を実施している企業等を「東京都スポーツ推進企業」として認定しています。
当社は2018年から2年連続で認定を受けています。

社会貢献活動

車椅子の寄贈

横河レンタ・リースは、CSR活動の一環として、社会福祉法人相模原市社会福祉協議会をはじめ、地元の福祉団体に車椅子を寄贈しています。
当社では、従来から相模原テックを中心に、アルミ缶やプルタブを回収し、通算5台の車椅子に交換しました。

タグラグビー支援活動

武蔵野市教育委員会より依頼を受け、一般社団法人横河武蔵野スポーツクラブ(横河武蔵野アトラスターズ、横河武蔵野アルテミスターズ)に所属する当社社員が市立小学校におけるタグラグビーの授業支援を行いました。

中古PCの寄贈

当社は、株式会社BCNが設立した特定非営利活動法人 ITジュニア育成交流協会主催の「リユースPC寄贈斡旋プログラム」に賛同し、CSR活動の一環として山梨県立都留興譲館高等学校と、社会福祉法人 日本盲人社会福祉施設協議会 東京都視覚障害者生活支援センターの2箇所に中古PCを寄贈しました。

  1. 山梨県立都留興譲館高等学校 電子工学科

    目的: 中古PCを提供することで、プログラミング技術の取得と向上を目指す未来のITエンジニアの育成支援に協力するもの。
    寄贈品: デスクトップパソコン(ディスプレイ含む) ・・・ 8セット
    寄贈日: 2017年6月


  2. 社会福祉法人日本盲人社会福祉施設協議会 東京視覚障害者生活支援センター

    目的: 本協会の事業の一環として中古PCを提供することで、就労移行支援事業に役立ててもらうもの。
    寄贈品: デスクトップパソコン(ディスプレイ含む) ・・・ 30セット
    寄贈日: 2017年8月
ページの先頭に戻る