フリーダイヤル:0120-012-956

受付:祝祭日を除く 月~金曜日 9時~17時

フリーダイヤル

※ Holostruciton は、小柳建設株式会社からのご提供となります。

サービス概要

Holostruction は MR (複合現実) 技術を用い、建造物の3次元モデルや日常活用しているデジタルデータ (写真、書類) を現実の空間に投影し、その中を歩き回りながら、さまざまな位置・角度・縮尺において自由自在に複数人と同時に協議することができるソリューションです。
遠隔地とのリモートコミュニケーション機能も有しており、離れた場所からも会議に参加することができます。

3次元モデルとドキュメントを仮想会議空間上に投影し、遠隔地の参加者と打ち合わせを実施

開催中の仮想会議空間にスマートフォンで簡単に参加

建設業での活用例

土木工事

フロントローディングによる設計照査、発注者との遠隔協議

掘削現場の発注図面を3次元モデル化・見える化し、施工困難箇所の説明や変更案の協議について3次元モデルをつかって解りやすく実施した事例です。
発注図面を3次元化することで、1:1 の実物大スケールまで拡大して表示し、実際に現場の上に立って施工内容を解りやすく確認することができました。

3次元モデルを使った施工検査を非対面で実施

竣工検査においてリモートコミュニケーション機能とWeb会議システム ( Microsoft Teams など) を併用して完全非対面で竣工検査を実施した事例です。
工事概要説明において3次元モデルを使って施工内容を段階的にアニメーション表示することで、検査官の理解度が向上しました。
また、通常のヒートマップとは別に現地測量データと設計データを3次元モデルで重ねることで立体的なヒートマップを生成し、現地計測箇所をモデル上で選定、現地作業員とはウェアラブル端末を用いた遠隔臨場にて指定位置の実地検査を行いました。

建築工事

設計段階における確認作業 、作業確認

建築物の設計段階や施工段階において、3次元モデルをつかった打ち合わせを実施いたしました。
従来は設計事務所が作成した紙の模型による形状確認をおこなっていましたが、3次元のホログラム化とリモートコミュニケーション機能を使うことで、修正・モデル反映が容易になり、紙模型の制作時間や、協議に必要な移動時間などを大幅に短縮することができました。
従来の紙模型では実現不可能な 1:1 実物大スケールにて建物内をウォークスルーできるので、設計や発注者へのプレゼン、施工計画、実施工などさまざまなシーンにおいて3次元モデルを活用できます。

仮想会議空間を使った意思決定の効率化

従来の協議では、多くの図面や資料を準備する必要があります。
Holostruction では3次元モデルの他、図面や写真など、各種必要な資料も仮想会議空間で確認できるため、迅速で効果的な情報共有ができます。
机やモニターだけでなく、空間全体を活用したコミュニケーションやプレゼンテーションをすることができます。

その他 活用実績

PRISM「国土交通省 建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」に3年連続で採択されました。

令和2年度 PRISM採択事業における「 Holostruction 」機能説明動画

料金プラン

利用料金 110,000円/1カ月 (税込)
登録可能ユーザ数 無制限
オプションサービス
(別途見積もり)
・データ加工・変換サービス
・導入支援

ご利用条件​

  • 対応デバイス:Microsoft HoloLens 2 , Android (AR-CORE対応機種)
  • 対応フォーマット形式:FBX形式
  • その他:要 Microsoft アカウント

機能説明動画

よくあるご質問

Q
サーバー環境はどうなっていますか?
A

Microsoft Azure を採用しております。

Q
遠隔利用は簡単にできますか?
A

できます。
ご自身と遠方にいる方がお持ちのデバイス ( HoloLens 2 , Android など ) でそれぞれ接続することで、アバターを使った遠隔コミュニケーションが簡単に行えます。

Q
現場での位置合わせができますか?
A

Holostruction は屋外現場での使用を想定しておりません。
現場で採取した測量データと設計データを組み合わせることで、会議室での遠隔臨場を行うことができます。

メーカーHP

関連書籍のご紹介

お問い合わせはこちらからどうぞ

ページの先頭に戻る