フリーダイヤル:0120-012-956

受付:祝祭日を除く 月~金曜日 9時~17時

フリーダイヤル

お客さまのITインフラに関する情報を見える化し、コミュニケーションのデジタル化を実現。運用サービスまでトータルに行うサービス。
それがYellow Dash Supportです。

Yellow Dash Support 活用例(3分13秒)

ケース1:障害対応

お客さまのサーバーに障害が発生した場合は、当社のサポート窓口にお問い合わせいただくだけ。
専任のサポートチームが、ハードウエア・ソフトウエア問わず、対応のとりまとめをし、迅速かつ高品質なサポートサービスを提供します。
障害切り分けや各メーカーとのやり取りがなくなり、本来の業務に集中できるようになった、
Yellow Dash で物理サーバーや仮想マシンなどの構成情報の共有ができるため、お問い合わせの短縮ができたというお声をいただいています。

障害発生時の対応の流れ

ケース2:既存システムのバージョンアップ

Yellow Dash では、ハードウエア機器やソフトウエアのサポート終了日が集約されているため、お客さまが情報収集する手間をなくし、アップデート作業の予定が組みやすくなります。
また、アップデートサービスを活用いただくことで、当社エンジニアがアップデートを実施。
契約期限などの内容が一覧でまとめられているため、保守契約管理がひと目で分かります。
運用管理業務で工数がかかっていたパッチ適用やOS更新、保守契約管理が楽になった、というお声をいただいています。

パッチ適用やOS更新をはじめとする運用管理業務も当社が実施します

ケース3:仮想マシンの自動構築

仮想マシンが必要になった際には、お客さまのヒアリング情報を Yellow Dash の拡張サーバーにアップロードすることで、自動的にサーバーを構築することができます。
通常なら多くの工程を踏んで3日程度かかる作業が、Yellow Dash Support なら当日完成。
構築の自動化をはかることで、作業の標準化・ヒアリングの効率化を実現します。
他にも、障害対応、技術支援、アセスメント、インベントリ、故障通知、インシデント管理など、さまざまな課題を解決。
Yellow Dash Support を活用いただくことで、幅広く運用業務の効率化ができた、というお声をいただいています。

仮想マシン自動構築の流れ

Yellow Dash 無償デモ開催中!

Yellow Dash Spport を提供するための構成管理ツールである Yellow Dash。
無償デモでは、Yellow Dash の操作感や自動構築による仮想マシン作成の一連の流れを、実際の画面でご体感いただけます。
Yellow Dash へのログイン方法やどのような情報が構成管理できるのかなど、サービス詳細についてもご説明します。
概要は以下の通りです。

  • 所要時間:約1時間
  • 実施形式:オンラインで実施可能。Webに接続可能なPCがあれば、どなたでもお申し込みいただけます。
  • 日程:お客さまのご都合のよろしい日程にて調整させていただきます。

  • ご興味ある方はお気軽に、こちらからお申し込みください。

無償デモのご案内 お問い合わせ 無償デモのご案内 お問い合わせ
ページの先頭に戻る